リアシートを折りたためば長尺のものも積載可能


ステーションワゴンは、そのスペースの広さから、定員乗車時にも多くの荷物の積載が可能となっています。長尺の物を積載する場合、カーゴスペース以上の長さがある場合はリアシートを折りたたんで積載することが可能となります。その状態にすれば、カーゴスペースにプラスして、フロントシート背面までのスペースが追加されて、かなりの長尺の荷物も積み込む事が可能となっています。以前のステーションワゴンでは、後ろのシートは一体で折りたたむタイプだったので、畳んだ状態では、定員がフロントシート分の2名になってしまいましたが、最新のステーションワゴンは、ほとんどが分割可倒式となっていて、後ろのシートの半分だけを折りたたんだ状態で長尺物を積み込み、その隣に人が座ることが可能となっています。ですから、長尺の荷物を積み込んだ状態で、3人が車に乗車することが可能となり、使い勝手が非常に高くなっています。長尺の荷物を積み込んだときの注意点ですが、荷物はしっかりと固定する事が大切です。急ブレーキをかけた場合、荷物がしっかりと固定されていないと、フロントガラスや、インパネに向かって荷物が飛んできます。そうなると非常に危険なので、注意してください。

コメントは受け付けていません。